Style Sampler

Layout Style

Patterns for Boxed Mode

Backgrounds for Boxed Mode

すべて必須項目です。

閉じる

先端医療技術の開発・支援事業 株式会社デンドリックス

樹状細胞ワクチン療法

  • Home
  • 樹状細胞ワクチン療法

樹状細胞ワクチン療法(細胞性免疫誘導型)

dc

樹状細胞は、免疫を担当する細胞の中で「抗原提示」と呼ばれ、がんの目印(抗原)を他の細胞に伝える司令塔の役割を果たす重要な細胞です。この樹状細胞を活用しがん細胞のみ攻撃する免疫細胞(CTL)を増幅させ、がん細胞をより効率的に攻撃することを目的とする治療法を、樹状細胞ワクチン療法(DCワクチン療法)といいます。

樹状細胞(DendriticCell=DC)とは、体内でがん細胞を直接攻撃するTリンパ球に、がんの目印(がん抗原)を教え、攻撃の指示を与える免疫細胞です。

樹状細胞にがん細胞のタンパク質が取り込まれると、それが細胞内で分解され、患者さんのがんの情報(抗原)として樹状細胞に記憶されます。すると樹状細胞は記憶した抗原を表面に目印として出します。それを患者さんの体内に戻すことで、「目印」を頼りにがん細胞だけを集中的に攻撃するTリンパ球(細胞傷害性Tリンパ球:CTL)を効率よく誘導することができるのです。

この治療に私たちの新技術を付加、より効率を高めます。

新技術のアジュバントを付加することにより、抗原を取り込ませただけの従来型の抗原提示細胞に比して、がん抗原特異的なTh1細胞(CD4+細胞)を優位に活性化させることが可能となります。その結果、CTLを強力に誘導できるだけでなく、がん細胞がつくりだす免疫抑制の一端を同時に解除する効果が期待できます。