Style Sampler

Layout Style

Patterns for Boxed Mode

Backgrounds for Boxed Mode

すべて必須項目です。

閉じる

先端医療技術の開発・支援事業 株式会社デンドリックス

代表者紹介

社長あいさつ

新しいがん治療の扉を開くために

デンドリックス代表取締役平林茂

活性化自己リンパ球療法を中心としたがんに対する免疫細胞療法は、ここ10年で飛躍的にその認知度も高まりがん治療の一翼を担うまでになってきました。

がん治療の方向性は、以前から私が予想していた方向に舵を取り始めています。
それは、がんとの共存=長期不変の状態の維持、高い QOL(生活の質)などが、がん医療の現場、特に患者さん方から強く求められるようになってきたということです。そのために必要不可欠なものが、自己の免疫系を活用した治療であることは、すでに多くの患者さん方の知るところとなっています。

医療の現場をみても、新薬の多くにこの免疫系の働きを利用したものが多く登場してきていることもその現れです。
また日本における免疫細胞の培養、加工の技術は、世界的にみてもトップレベルを維持しています。さらにいえば、臨床応用の経験も例をみないほど多いのが現状です。

現在、免疫細胞の培養・加工は、注目を集めるIPS細胞に代表される再生医療と同様に次世代の先端的事業として、厚生労働省が進める第三種再生医療等に含まれるものです。

私たちの事業もこれに該当いたします。腫瘍免疫学の進歩は、日々めざましいものがあり、研究室での成果をいち早く、臨床の現場に届けることが私たちの使命の一つともなるでしょう。

新薬の候補が見つかり、治験をへて標準治療の新薬としてがん患者さんの手もとに届くのに、平均して20年以上の歳月と莫大な費用がかかります。そのため、この治療法が近い将来健康保険の適応になるには、かなりハードルが高いと言わざるを得ません。

現在、健康保険が適用されない免疫細胞療法を希望する患者さんの多くが、経済的な負担の問題で治療を断念せざるを得ないというのが実情でもあります。こうした現状の下、安全性が高く、高度な技術による細胞加工をおこない、効果が認められる治療をリーズナブルな治療費で患者さんに提供していくことは、私の長年の願いでもありました。
このたび、当社が効率化されたシステムの下、細胞培養支援事業をおこなうことで、これらの思いを形にしていくことが可能となりました。

今後とも、免疫細胞療法が誰でもどこでも受けられる治療として、その裾野が広がることを目標に、私たち社員・研究者、一丸となって精進していくことを皆様にお約束いたします。

株式会社 デンドリックス
代表取締役 平林 茂